カントリーリノベーション

雰囲気あるお住まいにリノベーションしませんか?


リノベーションとは?

リノベーションは新築時代の性能・能力を向上させる

最近、耳にする方も増えてきていると思います、カッコよくした中古住宅ではありません。

リノベーションは、中古ストックを再利用という意味だけではなく、もっと 社会的に大きな意味があり、街や 環境を含めた 考え方があります。そうした 大きな枠組みの中で リノベーションを語るときは、おそらく 大規模な工事が前提となり マンションのリノベーションといった場合、マンション全体の改修工事が対象となるのでしょう、戸建の場合は内外装ともに改修工事を行い、機能性を向上させるという風になります。


"リノベーション"とは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して 性能を向上させたり、価値を高めたりすること。建物の経年にともない、時代に合わなくなった機能や性能を、建て替えずに 時代の変化にあわせて、新築時の機能・性能以上に向上させること。具体的には、耐震性や防火安全性確保し、耐久性を向上させる、冷暖房費などのエネルギー節約、IT化 など 変化する建築機能の対応・向上のために行われる。
外壁の補修、建具や窓枠の取り換え、間取り変更、給排水設備更新、冷暖房換気設備の更新などをいうようです。
(参考 ALL About)


リフォームとリノベーションの違い

リフォームとの違い

細かな事を省いて、簡単にいいますと、改修工事の規模の違いにあります。


浴室や洗面、壁紙にシステムキッチンを導入する、これはリフォームにあたります。


間取りや玄関の位置、空調換気設備の導入、耐震性を向上させる これがリノベーションとなります。


今のお住まいが新築時代の性能よりも能力が上がる事を指します。


最近流行のデザイナーズマンションやスタイリッシュな戸建などありますが、ビジュアル的に魅せているだけかもしれません、内部の耐震強度はどうでしょうか? 耐震性の問題は近年注目されていますし、国内で比較的大きな地震が相次いだり、新耐震基準に適合する建物が税金の軽減措置対象に加えられたりしたことで、中古住宅の建築年に対する関心も次第に高まっています。


リノベーションメリット

付加価値のついたお住まいへ

リノベーションを行った物件は、付加価値のついた物件です。


資産の運用としても有効に活用できます。中古ストック利用による初期投資の軽減や低金利効果も プラスされ、賃貸として貸したり、転売したりすることにより 利益を得ることができます。

現在の物件のデメリットをメリットに変えることもできます。


例えば、駅から遠く小高い丘の上にある昔ながらのお家をリノベーションする事で スタイリッシュにデザインを向上し、機能性も抜群で景色も良いに生まれかわります。 新築だからいいのではなく、中古物件でも磨けば初期の新築時よりも、光ります。


古くなったから、新築に住み移るのではなく、新築よりも低価格なリノベーションをお薦め致します。